株式会社PARAT

2019/09/09 ヌルヌルのRZ&WILL動画

Mr.Gimbalが腰をかがめレンズが被写体を舐めるように抜き足差し足で移動していく。

「Mr.Gimbal(ジンバル)!
PARATは英語力REAL ZEROや!
動画マニュアルを作成してくれ」
昨年、新卒入社1年目のスタッフに指示したのだが優先順位1位がRZ-MULTIのアンサーテスト(はんだ付評価サービス)、合間にでは中々ミッションがこなせない。
道具立てでもと指示。

「圧倒的な高感度&広いダイナミックレンジ」が目に付いたようでSONYのデジタル一眼カメラ「α7SU」が選ばれた。
カメラ三脚、卓上ミニ三脚と品揃えされ、アンサーテストで使用されるようになった。

「秋の名古屋展示会、3部作で動画製作してください。
T部:RZ SOLDERING ROBOTS
U部:RZ SERVICE
V部:WILL FACTORYです。

U部、V部はCEOが出演して案内係りを務めてください。
パンツは黒、シャツは白、事前に整髪」

Mr.Gimbalとデザイナーがコマ割り、1テーマ10コマ以下で1分前後で進行していく。

素人なので手振れがどうしても発生するとデザイナーからジンバル(スタビライザー)を推奨される。
なめらかな動きの“ヌルヌル動画”が撮れるならばと水平・左右、垂直・上下、回転の動きに対して補完できる3軸手持ちを購入した。

撮影がスタートした、中々の出来栄えにデザイナーが若きスタッフに「うまいですね」
「ちゃうやろ!エエカメラそしてジンバル、それとRZはんだ付ロボット性能のお陰ちゃうんか」
と茶々を入れる。
彼の名がそれ以降「Mr.Gimbal」となった。
駄目出しを幾度も出すCOO、名演を褒める声は最後まで聞こえなかった。

RZ-MULTIやSLIM、RZ-SQUAREと2018年から過激な新しいコンセプトマシンがゾクゾク状態。
市場の反響も上々で、2020年以降の売上が楽しみである。
MULTI(多点同時)はすでに市場に投入しているが更なるバージョンアップを目論んでいる。
ノズルのキャリブレーションやスルーホールのアライメントを標準装備、はんだ点数も12点に挑戦する。
通信もTOYOTA自動車が全面採用した、省配線・高速処理ができIoT化の近道「EtherCAT」でグローバル化に備えること開発スタッフから提案があり、役員会で決議する方針が打ち出された。

RZはんだ付工法の新しい時代の幕開けである。

次回、
Mr.Gimbal作、RZ動画マニュアルを心待ち。


***********************************************

◆NAGOYA NEPCON JPN2019 9月18日〜20日
に出展します。
・製品設計・生産技術・保全・生産に従事する
方々のご来場をお待ちしております。
・問合わせCSスタッフがスタンバイしております。
*事前時間予約願います。

◆ホームページ 少し、おもしろくなりました。
・http://www.paratdo.com/

◆中小企業経営強化税制(投資促進系の優遇税制)
が創設されました。
RZはんだ付機は証明書を発行できます。

◆PARAT経営情報開示について:
帝国データバンクに対し決算書渡し、開示をしております。
他の機関には開示しておりません。

************************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>