株式会社PARAT

2019/10/28 出汁が効いたモジュール

高級料亭は25年前に「大阪つる家」で高級官僚3人と盃を重ねた一度だけだが座敷に上がった。

旬の食材がワクワクさせられるような陶磁器に盛られ魅力的な小宇宙がそこに、うっとり。
素材の持ち味を活かす上品な手間隙掛けた出汁、丁寧に面取りされ均一に煮込まれた根菜類。
料理人が永年培った腕前を口に運ぶとものづくり人として俗世間から身を天に放たれる。
高いだけある、地球が産み出した自然の美味しさ、安全と安心、健康が体内に駆け巡る。

あまりにも敷居が高く、各国大統領始めとする要人をおもてなしする女将や仲居さんとの同席空間は緊張する。
懐が気になりすぎる含め居心地が悪い。
この一回を一生の思い出に仕舞い込んでいる。
PARATネーミングの切っ掛けを作ってくれた祇園のお茶屋も数回通ったがお座敷遊びに嵌ることはなかった。

生魚などを割(切)き、野菜などを烹(煮)る、割烹のいわれである。
料亭よりお気軽に料理を提供してくれる大阪の誇るカウンター割烹は「安い、旨い、早い」、「食い倒れの街」として、オーダに応じて調理師が客人の前で調理、提供してくれるスタイルは明治時代から大正時代にかけてだし文化の上方料理は大阪で生まれ、育てられた。

料亭や御茶屋では一人4〜5万円、割烹では1.5〜3万円は覚悟しておかなければならない。
特に京都は高い、東京の赤坂ではもっとだろうが。
官も民も接待の自粛もあり高級料亭の数は年々減っている。
ミナミはインバウンドのお客さんで相変わらず賑わっている、B級グルメは繁盛するが上方料理はおじさん達の文化だけでは廃れていく危険をはらんでいる。

ミナミ(なんば)では客筋の変化もさることながら地価高騰もあり割烹からの料理人の独立もままならない。
2Km離れた上町本社工場周辺に新進気鋭の料理人の多くが店をOPENさせている。
毎週行くには懐が気になるが小料理屋なら0.5〜1.5万円で事足りる。

大阪で商いさせてもらっているOyajiにとって、商いを学ぶ場でもあり先人達が育んできた食文化を受け継いでいく使命もある。

一流のお客様に数多くご贔屓していただいているPARATも新進気鋭の小料理屋のように末永く、かわいがっていただけるよう日々精進である。

***********************************************

NEW◆ホームページ 更新しました。
・WILL FACTORY動画アップ。
http://www.paratdo.com/company.php
・RZサービス動画アップしました。
http://www.paratdo.com/information.php
・RZはんだ付ロボットシリーズ動画アップしました。
http://www.paratdo.com/details.php

◆PARAT経営情報開示について:
帝国データバンクに対し決算書渡し、開示をしております。
他の機関には開示しておりません。

************************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>