株式会社PARAT

2019/11/04 まほろばで昭和レトロに身を任せ

自動車業界は市場の下振れや、為替の影響で設備投資も下期は圧縮傾向であるが、年末から期末にかけて短納期案件がゾクゾクと舞い込んでいる。投資が慎重な分、注文書が届くまでに随分時間がかかる。

CEO自ら客先に出向き、仕様の再確認と、「それでも納期はそのまんまですか」を確認する旅に出た。三河と北勢を電車とレンタカーで駆け巡り、息付く暇もないPARAT幹部に最新情報をメールで連絡と指示を出す。

桑名の宿で羽を休め、大阪と似たようなうさん臭さが漂う四日市で英気を養う。2番街周辺で救急車とパトカーがけたたましくサイレンを鳴らしているがインバウンド客がいない分、レトロな昭和のミナミを彷彿とさせる、いい街である。

翌日は土曜日、朝10時、スーパホテル桑名をチェックアウトし、帰路に就くのだが、近鉄特急ビスタカーは喫煙席しか座れない満席状態。
数人しか喫煙していないのだが後部座席二人がプカプカで息苦しい、津からなんと横に座る医者と思われる中年男性も紙巻たばこに火を点け、至福の時を桜井まで続ける。
乗り換えで降車した大和八木プラットホームの空気がうまい。斑鳩の里は日本晴れ、改札を抜け久しぶりにまほろばの国に降り立つ。

駅周辺の居酒屋の多くが昼飲みセットをここかしこと看板に掲げる。
迎え酒で休日を満喫しようと「ちょっと一杯セット」
と書かれたMENUに惹かれ高架下の中華飯店「宮廷飯店」にしけ込むことにした。

二日間お会いした大好きなお客様達との商談をあて(肴)に生ビールを煽る。
BGMが昭和、耳を澄ませば「今日までそして明日から」を内耳がキャッチ、若かりし良き時代に引き込まれていく。

幼き頃、下駄履きで小金を貯金することで貰う景品を楽しみして出掛けた銀行は今はもう無い。
バブル崩壊後の債権処理の再編成による離合集散で護送船団は崩壊し、メガバンクが誕生した。
かつての華やかかりし頃の大阪に数多くあった家電メーカの面影は今いづこ。

餃子を口に運んだころ、「闇夜の国から」が流れる。

自動車業界の業績と今後の行方に関する記事をWEB上でウオチングすれば、内部情報を入手しなくてもトレンドは見れる。
自動車部品サプライヤーは100年に一度の大改革で大揺れ、業界再編成が止まらないどころか加速している。今後、ボッシュ、デンソー、マグナ、ZF、コンチネンタルというメガサプライヤーが更に巨大化していく。

安定した将来を得るために就社じゃなくて、就職するという時代。中途退職しなくても入口と出口の会社が異なる。自動車の花形と言えばエンジン、内燃機関が斜陽となっていく時代、就職も危うい。

生きていくために糧を得る、学校ではなく、仕事でもない生きる偏差値を高めて行く必要に迫られる。

大きいから潰れない、小さいから潰れるは間違っている。中途半端であれば大きくとも小さくとも経営が成り行かない時代。市場が求めるサイズがメガであっても最適なスモールが必要不可欠。
メガを支え、メガになる前のコアなるものをインキュビベートできるサイズがスモールなのである。

「時の過行くままに」か、小鉢の八宝菜が旨い。
「ちょっと一杯セット、今度はCでお願いします」
白霧の水割りで鳥カラを食す。
このボーカルの歌手聞き覚えがある「多分クミコ?」、パソコンで検索。
クミコの「十年 〜70年代の歌たち〜」がヒット、ここの大将か女将の趣味をラジカセでCDを再生しているようだ。

生きていくには、就社も就職も当てにならん。
世間に出て、常に生きていく術を学ぶべし。
世間の冷たさが感じられるスモールビジネスはやはり魅力的、利便性を合理的に求めて想像から創造が止まらない。
今日まで明日からも生きていきます。

「俺たちの旅」を背にお勘定。

***********************************************

NEW◆ホームページ 更新しました。
・WILL FACTORY動画アップ。
http://www.paratdo.com/company.php
・RZサービス動画アップしました。
http://www.paratdo.com/information.php
・RZはんだ付ロボットシリーズ動画アップしました。
http://www.paratdo.com/details.php

◆PARAT経営情報開示について:
帝国データバンクに対し決算書渡し、開示をしております。
他の機関には開示しておりません。

************************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>