株式会社PARAT

2019/12/09 冬将軍に見舞われた忘年会

台湾家庭料理屋で2019年の年忘れ。
若いスタッフも多いことから羽目を外すような宴席にはならない令和の時代。

今回もCOOの目利きで選んだお店。
油淋鶏( ユーリンチー)のような一風変わった酢豚。
白身肴をふわふわ卵白でからめたインスタ映えが優れた炒め物、開発開発で疲れ切った体に医食同源で英気を注入する。

キャリア採用した薩摩おごじょの紹介、ベテラン社員の活躍に対する肩書授与。

60歳で定年退職を選んだ元開発本部長に開発品の支援を依頼した。
和歌山田辺で晴耕雨読生活真っ只中、ちょっと手伝ってくれないかとの実兄であるCEOからの依頼に腰を上げてくれた。
4ケ月という約束も幾度も契約更新を重ね今日に至った。
「長い間お世話になりました、今月末で使命を終え、2020年からファーマーに専念します」万雷の拍手で謝意を伝えるスタッフ。

ゲストとして制御部品商社のSEが紹介された。社内外の制御通信や画像処理の立ち上げ支援でPARATスタッフとして活躍していただいた実績をもとに招待された。

主催者側はこの後、招待したことを大きく後悔する事となる。

宴も酣(たけなわ)、生ビールが紹興酒(しょうこうしゅ)熱燗1合に、更なる進化で2合の酒器に変わり、運ばれてくるピッチも上がって来た。

ゲストと同席しているCEOとCOOは彼の酒歴を十二分に掌握しているだったのだが・・・・もう誰も止めらない、ボックス席は学級崩壊状態。
獲物を物色するために酒器とお猪口を片手に席を徘徊し始めた。

若きスタッフNARUMIが腰から砕け、フロアーに倒れ込む。大きな衝撃音が店内に響く。
被害者1名発生!
お開きまでトイレとソファを行き来し、二度と料理を口にすることが出来ないばかりか、咀嚼(そしゃく)した美味しい台湾料理を100%以上お店に戻している。
「将軍ハウス」と声がかかる。
人差し指をくるくる回しながらCEOに指さし、「こら眞一郎!」
ATSUSHIも紹興酒攻めで目線が定まらない。
日頃は物静かなSEの変身に驚きを隠せないスタッフ、令和の忘年会が一瞬にして昭和と化した。

デザートも出た頃にこれ以上の修羅場にならない様に中締め。
NARUMIと将軍が自宅が同じ方向であるがぐでんぐでんを二人送り届ける自信はない。
NRUMIだけをタクシーに同乗させ、修羅場から一目散に立ち去った。

「大丈夫か?まっすぐ歩いて帰れるか」
「大丈夫です」の言葉で自宅へ。
「?、運転手さんすみません、コート忘れてきました。お店に戻ってください」

気が付けばふらふら、コートをもらって大阪上本町駅へ「!」
「かばん無い!」
踵を返し、お店に、かばんは無かったがマフラー発見!
かばんはダーツバーで見つかった。

ちょっと待て、3人目の被害者が自分であった事に気が付き近鉄電車に乗り込む。

本日の朝礼で、忘年会でのハラスメント調査を行ったが事なきを得た。
「凄いですね!始めてみました」
驚きと昭和を見たという感動のほうが大きかったようだ。
SHINTAROUが一言、「前より大分マシ」
「あれで?」椅子から転げ落ちるスタッフ。

これ以上を避けるためにゲストをタクシーに乗せようとするが、ドアを開けるが一目散に逃げられたと聞く。

眼鏡をなくし、タクシーで帰ったことも記憶に無いという将軍。

痛快な2019年忘年会無事終了。

冬将軍、令和の浪速で、拒否られる。


**************************************
NEW◆PARATホームページ 更新しました。

・WILL FACTORY動画アップ。
http://www.paratdo.com/company.php
・RZサービス動画アップしました。
http://www.paratdo.com/information.php
・RZはんだ付ロボットシリーズ動画アップしました。
http://www.paratdo.com/details.php
**************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>