株式会社PARAT

2020/01/20 WILLとSKILLで大変革

「PARATで仕事をする上で重要なのは・・・・。
<WILL(意志)がKEY>です。
5月に三泊四日で予定している研修旅行先は勿論、昨年と同じ場所<石垣・・島>です」
(ちょいと笑いを取る)

100年に一度の大変革時代と言われる業界に身を置く者として企業として人としてWILLの大事さを痛切に感じている。

昨年はWILLだけでなくSKILLが高い人材も確保できたのは大きい。

WILLもSKILLも要らない仕事は確かに多いがそこはAIが担っていく。

AIができないのはサービス。
WILL&SKILLが高い人はサービス精神旺盛。
買い手・売り手・世間の三方を喜ばせる術を知っている。
商い上手が「100年に一度の大変革時代」を創造し、生き抜く。

難波工場はBefora service,上町本社工場はAfter serviceを担う。
ものづくりがサービス化するのは必至。

標準品の生産はすべてを15年来のお付き合いの組立委託サービス会社。
経産省のデータによると製造業の一人あたりの生産額は中小企業では1785万円。
PARATは大企業並みの5000万円以上を稼ぎ出している。
ものづくりサービス企業とのワークシェアリングが功を奏した結果である。

お客様・仕入先様・スタッフがこの先もHAPPYになる戦略・戦術策定と実行が求められる。

何がHAPPYか?
@末永く糧を得られる
A先駆けと実績が報われる
B他者の笑顔を沢山いただける

サービスと言っても机の上で、口先三寸と考えているわけでない。
御用聞き、口利きや稼業は今後、不要である、言い換えれば営業マンアウトであり、その機能が必要な買い手は淘汰される時代。

@いいモノを作るシステム構築。
Aエコノミカルでないものを排除する。
B先進的な経営者が内部でできないJOBを請け負う。
すべて現場に身を置いて、現場の苦しみを共有してこそ成り立つサービスを提供したい。

人手不足であるが、課題があってこその業。
SKILLがあるがWILLがない、採用できない。
WILLもSKILLなしもいらないが、いらない様なサービス提供をPARATの知恵で提供する。

変革時はWILLもSKILLもないスタッフはWILLもSKILLもあるスタッフの足手まとい。
会社を牽引するWILLやSKILLがあるベテランスタッフの稼働率を極端に低下させる。

人手不足だから
@残業ゼロ
Aワークシェアリング
Bいいものを見分けられる

仕事はいつも課題が満載、いつまでも解決する喜びを分かるサラリーマンでありたい。

**************************************
人材募集中!PARAT経営企画部まで。
**************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>