株式会社PARAT

2020/02/03 花咲けばしぼむ、種採取し撒く、百花繚乱

「プライベートショーを企画してください」

毎回年々、出展する際に感じる主催者側のお祭り騒ぎの割りに見込めないリターン。
クールに俯瞰し、いま止めると撤退と見られると躊躇しがちだが展示会出展中止を即断即決したCOO、中々のもである。

PARATやRZ工法のブランディングが功を奏して自動車部品業界にはんだ付なら「PARAT」という名を上げていただくまでになった。

社会に出て手始めがダイハツ工業での内装設計、40年後にまさかはんだ付工法で沢山のTier1に設備を供給するとはお釈迦様でも気がつくまい。

心残りの茨城県のTier1さんからも昨年5月以降足繁く難波工場に通っていただいている、国取り地図に大きな空白、常陸の国を塗りつぶす日も間近い。

RZはんだ付ロボット普及のために2019年から全国キャラバンを実施、10年目で北は東北岩手、南は九州鹿児島、北米、中国、ASEAN、EUとキャラバン後の納入実績結果がSALES MAPに記されている、必死のパッチから始まった足跡を感慨深くなぞる。

昨年末から、改めてPARAT単独キャラバンを始めた。
語り部としてだけではインパクトがない、展示会に代わるものとして実機セミナ−も計画に上がっている。
RZ工法普及のため、現地に現物を元にコミュニケーションを計り更なる市場への普及という狙いである。

還暦を軽く越えた老骨に鞭打ちお客様のお膝元に駆けつける。
ものづくり現場は血沸き肉踊る。

種撒きし、芽が出て膨らむ、10年を経て花が咲き、人々の目を楽しませる。
花が咲けばしぼむ、種を採取し新たなる市場種を撒く。

農耕民族ならではの経営がしっくりいく。
土壌をしっかりと耕して次世代に繋げて行く。


**************************************
WILL&SKILLがある、人材募集中!
PARAT経営企画部まで。
**************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>