株式会社PARAT

2021/06/07 GAME CHANGERになり弱者救済

6月17日AM10:00から人生初のワクチンを打つ。
いやいや、正確に言うと、結核予防の為にツベルクリン検査しBCG接種、左腕に痕跡があるがインフルエンザ等の風邪系は始めてである。

近くの診療所が5・31深夜零時からのネット予約、カナダ在住の次男がネット予約しれての予約完了、果報寝て待てである。

集団免疫までの人口70%まで打って打って打ちまくるが最大のコロナ狂騒曲の収束策。

死者数を減らすために、65歳からであろうが医療従事者、公僕、若者、海外赴任者と世界を元気にする人達が最優先。

インド赴任の人達も知る、ブースカブス喚く人達よりも海外で孤軍奮闘する人達の安全安心の方が最優先。

自治長や職域接種に対し、市民優先や中小企業無視かと来る、小異にこだわり大同を見失う似非弱者救済ビジネス関連の輩に喝である。

コロナ鬱が増加する中、精神科医が
1.太陽にあたる
2.肉を食べる
3.笑う
が予防に繋がるという。

コロナ禍の中、東京五輪は地球上を覆う暗雲に差し込む希望の光、経済が回りだし、鬱予防の起爆剤となる。

FA業界に目を落とすと、メカトロ部品の入手が困難となってきており、受注はあるが売りが立たない倒産が多発する可能性が出てきた。
前年度も1年先見越し、在庫で事なきを得たが、今期も
1.半導体不足
2.中国の5G積極投資
3.コロナ禍の工場閉鎖、
 コンテナ不足
アフターコロナにおける急激な増産によるモノ不足と不足不安解消在庫積み増しによる更なるモノ不足が考えられる。

観光・飲食業も急回復するが、人手不足や人件費高騰で思ったよりも収益が回復しない。

昨年から始まったコロナ禍、この期間でいかにして合理化を図ってきたか「利は元に在り」
を実践してきたかという経営姿勢が問われる。

弱者救済にはまず弱者を増やさない事、元気な人は積極的に経済を回す、知恵を絞り生き抜く愚直なGAMECHANGERの姿は美しい。

東京に集まる世界中のアスリートのパフォーマンスを身近に見る事で明日の英気を養おう。

*********************************

■ホームページ少し更新しました。
・TOPページ
・企業情報
・採用を訪ねてみてください。
http://simmer-ex.com/L34419/b2454/12851

■WILL&SKILLがある、人材募集中!
窓口:PARAT経営企画部。
インターネットエントリーは
http://simmer-ex.com/L34419/b2454/22851
*********************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>