株式会社PARAT

2022/01/10 幾つになっても人間至る処に青山あり

東には信貴・生駒山、まだ田畑が残る中河内に居を構えて40年。
久し振りに朝の早くから河内山本駅へ、恩地(おんち)川には越冬のために飛来してきたアオサギ、留鳥のコサギが餌を探す、カルガモ親子が水面をすいすいと泳ぐ、ここにオミクロンの影を見ることはない。

200m歩を西に進めると撮り鉄がたむろする踏切に、遮断棹が動き出さない内に渡り切りたいのだがきらきら光る白い粉がレールや舗道に、零度近い気温、霜が降りたようだ。

齢を多く重ねれば踏切あるあるに変化をきたす。
若かりし頃は警報が鳴り、警報灯が点滅、遮断機が下りる10〜15秒の間に50mまでなら全力疾走で潜り抜けようとしていた。今は20m手前までMAX。

転べば反射反応が鈍く、骨折・捻挫・打撲の可能性が増すだけでなく治癒に時間がかかる。

脆くなってきている身体を常に観察し、古びた知見を常に棚卸しないと五体満足を維持できないを言い聞かせる。

20m手前をゼロにし、信号に踊らされなく、路面の変化に対応できる安全速度で渡り切る。
常日頃は早歩きで筋力の低下を防ぎ、アフターコロナで狭くなった行動範囲を拡げることにしよう。

幾つになっても
 「人間至る処に青山あり」

***************************************

□RZconte(アールゼット・コンテ)2022モデル
プレゼ動画アップしました。
https://em-tr330.com/L34419/b2454/13161

***************************************
<ビジネスのヒント>
<こころが動いた出来事>
<出会い>
<チョッと面白い話し>