株式会社PARAT

よくあるご質問

はんだ付評価サービス に関するご質問

コールドジョイントのメカニズムと対策は?

コールドジョイントは、はんだの合金層形成温度に達していない状態ではんだ付を実施した場合に発生します。
断面カット評価で合金層の厚みを測定して、0.1~3.0μmあれば問題ありません。 合金層が厚すぎると固いが脆い特性が出て強度に影響が出ます。
アクエリアスでは温度プロファイルを約250℃±20℃にコントロールすることで、合金層の形成を担保しています。