株式会社PARAT

よくあるご質問

維持管理 に関するご質問

ノズル内壁/端面クリーニング(C1)の目的は

溶融はんだの持ち帰りまたは、イモはんだの防止を目的に実施します。
 ノズル内壁及び端面に付着したフラックス・炭化物・酸化スズの除去を行う。
 清掃インターバルは、ノズル先端温度・糸はんだ量・フラックス含有量によって調整が必要です。