株式会社PARAT

よくあるご質問

はんだ付評価サービス に関するご質問

はんだ信頼性試験後にクラックが発生する場合、どのように対策すれば良いでしょうか?

対策としては下記の2点が挙げられます。
①ランドを大きくする(膨張収縮時に発生する応力の緩和を計る)
②フィレットを形成する(基板に対し応力のかかる角度を小さくする)