株式会社PARAT

よくあるご質問

維持管理 に関するご質問

よみがえり君の目的は

 供給パイプ及びノズルのC1クリーニングで取り除けない部分を、800℃の加熱でフラックスの成分である有機物を取り除きます。 但し、無機物(酸化スズ・スズ)の白色の残差が残ります(正常です)ので備え付けのヤスリ(φ1.26)にて除去願います。
 除去後、φ1.3の市販のエジェクターピン等で、除去確認願います。
 清掃インターバルは、目安は8時間に1回ですが、状況に応じ、変更願います。